パチンコ冬のソナタファイナル他冬ソナシリーズ実践報告とお便り
2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07
ヨシ様

ジオルです。おはようございます。
冬ソナ2!とうとう初打ちしてしまいました!

まずスタジアム枠ですが、冬ソナの雰囲気にどう?
と思ってましたが、なかなかどうして。
座ってみると樹氷ギミックとビッグハートの配置が秀逸で
良い感じです。通常は周囲のライトが白く光るので、
座ってみると以外に全体が白っぽい印象なんですよね。

擬似連の最初と降雪が青っぽく光るのでイメージ通り。
やっぱり燃えるのは赤ポラですね。
花満じゃないですけど赤く光る頻度がアツさの目安かと。

雪の降る音!
シャンシャンシャン・・・降雪の輝きと共に凄くイイです!
雪だるまは、ワルツと比べてコミカルな動きですが、
この樹氷はさりげない役物ながら、とても気に入りました。

さて実戦です。
ほぼ満席で台選びとはいかないものの、ミニョンモード後の
28回転ヤメの台をチョイス。初めての冬ソナ2、ドキドキです。
デモ画面にじっくり見入ってから打ち始めます。

擬似連のガセ(リーチ不成立)や木枯らしのガセに違和感を
覚えつつも、158回転でミニョンモード突入。
このあと3回ほど、ミニョンモード突入と終了を繰り返します。
本日通算4回目のミニョンモード、最初は「揺れる心」。
30回転でミニョンモード継続、選択に「追憶・追憶・運命の人」
継続のまま79回転で再び継続、選択に「運命の人×3」
『ミニョンモードってこんなに継続するんだ~』
『しかも選択がアツくなってない?』と思っていたら、
擬似4・黒アル・メガポラ・空港で「5」初当り!感激です。

時短終了し投資8000円で1箱なら「最初はこんなものでしょ」
と席を立って保留消化。ラスト1個、108回転でチョンアさん。
『タロット連続か、中々面白そうだな~』と眺めていたら・・・
キュ・キュ・キュイン!!な・なんと初打ちでPフラッシュ!
もちろん確変ゲット4連チャン。恐るべしPフラッシュ。
そして恐るべし『保留8個』(汗)。5箱交換+22000円。

実戦2日目は178回転の台。2000円でミニョンモード突入。
セグは特に変化ないものの、7回転目でリーチ外れ後・・・
赤マフのユジン登場。あれ?モード変わってないよね?
何だかレアな雰囲気で夜空3-4の二枚。ハズレ。
『ノーマル演出だったのかな・・・』と油断していたら、
外れた4図柄が戻ってきて・・・、クルクルクル・バキーン!
夜空ビタ当りの復活演出。これは驚きです!しかも昇格。
ワンセットですが、少額投資とレアパターンで大満足。
2箱交換+10000円。

いやいや、実戦2回で2連勝。逆にこの先が心配です。

雰囲気あふれる冬ソナ1と、演出盛り沢山の冬ソナ2。
どちらが好きかと言うより『どっちも好き、楽しい』と思いました。
冬ソナという素晴らしいコンテンツを元に、仕事人で培った
演出・技術を『必要な所だけ採用し、進化させた』印象でした。
例えるなら、洗練されたお寿司と特選牛のステーキのような・・・
変な例えでスミマセン。でもどちらもご馳走には代わりませんよね!
たまにはお寿司も食べたくなりそうです(笑)

素晴らしい2が登場しても、1の良さは色褪せない。
開発の方々は試行錯誤の上、今の時代にマッチした、
楽しい演出を目一杯盛り込んだ2を、敢えて1と味付けを変えて
世に送り出したんだろうな~なんて思いました。
(素人が生意気ですね。)
どちらの機種も永く愛される事を改めて感じた初打ちでした。

パチンコ冬のソナタ2情報特設サイト

携帯版はコチラ
関連記事